ご挨拶

病院長 薄井 逸明

病院長 薄井 逸明

この度は湯河原中央温泉病院ホームページにアクセス頂きまして感謝申し上げます。

病院長の薄井 逸明と申します。

当病院は、種々の慢性期疾患、特に脳血管障害後遺症や生活習慣病などにより、更なる医学的治療や管理及び リハビリテーションの必要な患者様などを対象とした病院です。

病床数は医療病棟313、介護病棟32ベッドで、計345床の、大規模な長期療養型病院です。

病院からは相模湾が広く望め、敷地内には単純泉の源泉を有し、その豊富な量の温泉を利用しての入浴やリハビリは、患者様から大変喜ばれ、神奈川県はもとより近県や東京などの方々も多数入院頂いております。

さて、一口に慢性期疾患、慢性期状態と言っても、ある程度自立されている方から、長期の医学的治療及び管理が必要な方々まで、様々な患者様が居られます。

当病院はこの様に、より多様化してきた患者様方のニーズに対応すべく、安心して長期に入院して頂く事を理念とし、必要時には緊密な医療連携下の東海大学病院や急性期病院に、速やかにご紹介させて頂いております。

最後に、在宅から高度医療までと、その時の病状に応じ、最適な医療及び介護を提供する事が使命と考えております。
以上、簡単ではございますが、ご挨拶とさせて頂きます。

介護情報サービスかながわ掲載ページはこちら