長期療養

急性期を無事に乗り越えられた脳血管障害後遺症の方や、種々の慢性期疾患・状態でも引き続き医療の必要な方々を、必要な限り長期に渡って療養をサポートする病院です。
現在の保険制度下では長期療養は種々の理由で困難な状況ではありますが、当院においては「安心して長期に療養して頂く事」が患者様及び御家族様の精神的・身体的な安定に繋がると考えております。

hospitalization

主な疾患・状態

  • 脳血管障害後遺症
  • 慢性期疾患(脂質異常症・糖尿病・心疾患・肝疾患・腎疾患・整形疾患・その他)
  • 急性期疾患(各種感染症―肺炎・尿路感染症等)
  • 悪性腫瘍の維持療法(初期導入は含まず)及び末期療法
  • 経口栄養管理が困難な状態(経腸栄養・末梢静脈輸液・高カロリー輸液等)

地域連携

急性期治療
慢性状態の方が新たに急性期状態となり、専門的治療が必要となった場合は、緊密なる医療連携下の東海大学病院(伊勢原・大磯)や近隣の急性期一般病院に速やかに御紹介させて頂いております。
施設間
病状が安定し要介護状態となった患者様には、院内の介護保険病棟や、関連施設の介護老人保健施設「ニューライフ湯河原」(100床)に御紹介させて頂いております。

温泉施設

湯河原中央温泉病院は、その敷地内に源泉を持ち、良質な温泉を患者様の入浴に利用しています。循環式ではなく常にかけ流しでの使用をしています。 患者様の状態に応じて入浴方法を考え安全で快適な入浴を提供しています。

[ 浴室の種類 ]

  • 一般浴槽(ご自分で入浴できる方用)
    歩行が困難な方でもチェアーイン式昇降リフトで入浴できます。(2台設置)
  • 機械浴槽(ご自分では入浴が困難な方でも寝たままでの入浴が可能)
  • 源泉名:湯河原温泉
  • 泉質:単純温泉(弱アルカリ性 低張性)

病院見学

一般浴槽

機械浴槽

シャワーバス