ご挨拶

一般財団法人生活保健協会 理事長 青木 通泰

現在、日本は急速な高齢化のピークに向って進んでおります。その中で社会保障制度においては、少子化と相まって、その根幹を揺るがす程の非常に厳しい状況となっています。しかしながら高齢者の皆様は、永年にわたり地域・社会のために尽力されてきた方々であり、その苦労に充分報いることのできる医療・介護・福祉サービスを提供し続けることが私たちの使命と考えております。

私たちは、何よりも患者様の人間としての尊厳を第一に考え、豊富な経験と知識を生かし、皆様に「明るく」「安心」「心温まる」療養生活を送っていただけますよう、職員一丸となって取り組んでおります。安心してご入院して頂くために、弛まぬ努力をして参りますので、今後ともご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

沿革

昭和7年 生活困難者のために生活相談所を開設。
昭和32年 診療所を開設し、一般及び低所得者層の診療を開始。
昭和39年 財団法人日本生活保健協会を設立し、同時に生活保護法による医療担当機関として病院に発展。
昭和42年 社会福祉事業法にもとづき、医療社会福祉施設となる(第2種社会福祉事業)
昭和58年 温泉湧出
4階建B棟完成、本館改修工事完了。
名称変更「財団法人生活保健協会 湯河原中央温泉病院」となる。
昭和60年 医師宿舎、3階建看護宿舎完成。
昭和62年  4階建C棟完成、本館,B棟改修工事完成。病床数412床となる。
平成4年 「老人保健施設 ニューライフ湯河原」開設。(100床)
平成10年 療養型病床144床、特例許可病床251床に変更
平成11年 特例許可病床128床、療養型病床256床に変更
平成12年 介護保険法施行に伴い、療養型病床363床とし、内96床を介護療養型医療施設とする。
湯河原中央温泉病院居宅支援センター、ニューライフ湯河原居宅支援センターを開設。
平成15年 医療療養型病床182床、介護療養型病床175床とする。(合計357床)
平成19年 医療療養型病床279床、介護療養型病床66床とする。(合計345床)
 平成26年 一般財団法人へ移行
 平成27年 医療療養型病床313床、介護療養型病床32床とする。(合計345床)